コンセプト:きっかけ

トップページ > コンセプト:「きっかけ」
きっかけ
日本の住宅建材と建築事情
文化と産業のちがい
資産という考え方

きっかけ

クローバーの手しごと

18歳でこの業界に入り、家を作る職人の世界と家を売る営業の世界の両方を経験してきました。
その後16年が経ちましたが日本の家づくりはあの当時と同じで夢のマイホームがある人から見ればこの上ない最高の 家にもなり別の人から見れば新築にも関わらずゴミ同然にもなる。
本当に不思議な現象です。
同じ「家」という一つの製品ですがこうも極端に違った見られ方をする製品が家以外にあるでしょうか。
しかもその家が同じ建材とつくりにも関わらずハウスメーカーの名前が違うだけで坪40万~100万にも変わる。 自分の頭の中には家以外に思い浮かびません。
この事を考えれば考えるほど不思議です。
日本の住宅 このことに気がついたのは、平成16年4月に自宅を建てたことがきっかけです。
先々に壁をメンテナンスしたくないのと海外のカッコいい家に憧れカナダ産の本物レンガの外断熱外壁材を使用しました。 屋根、内装建材はすべて国産、セメント瓦に単板ガラスのアルミサッシ、合板フロアー、ビニールクロスにCFシート。
出来上がった時はあの予算でこの上ない自信作でした。
しかし、実際に住んでみると梅雨時期はジメジメして床はベタベタ、冬は気密の悪いサッシからすきま風に結露、そして極めつけは 生まれたばかりでなんの抵抗力もない子供のシックハウスのアトピー皮膚炎。
症状がひどい時には入院もしました。
自分で作った家がこんなにもひどい家なんだ…
とその時初めて気がついたのです。

それからは、あらゆる工法や素材、建材を必死になって勉強してきました。
そうすると海外で建てられているカッコ良くて 寿命の長い住宅と自分が建てたその時点で最高と思っていた家の大きな違いがわかってきました。

staff blog

スタッフ1
外部リンク

お客様の声

お客様の声
点線
お客様の声
点線
お客様の声
点線
Cloverで建てる自然素材のおうち
外部リンク

特集ページ

水周り
点線
納得の収納力
点線
自由にレイアウト
外部リンク

ライフプラン

家計設計
家計設計

施工から完成後まで

よくある質問
よくある質問

Cloverの施工事例集

フォトギャラリー
フォトギャラリー

ページの上部へ